添え状・お礼状の正しい書き方と私がしていた書き方


添え状(カバーレター)は本来次のように書くのがいいと言われています。

・手書きで書く。
・用紙は、白無地の便箋を使う。
・封筒は白無地を使用する。
・修正液は使わない。

私の場合・・・
・添え状はパソコンで作成した。
・添え状の用紙はパソコンの用紙(A4かB5)
・封筒は大学指定の封筒を使っていました。茶色の封筒でした。
・パソコンなので修正液は必要なし。

私は本命企業も全部このようにしておりました。 特に問題はなかったように思います。どちらにするか迷って、添え状・お礼状を書けない・・・ならば、迷わずパソコンで作成して早く出すべきだと思います。当サイトの見本を参考にすれば、あっという間に作成できるはずです。ただ、手書きの方が情熱が伝わりやすいのも事実だと思います。どうしても気になるのならば、正しい書き方で添え状・お礼状を作成すればいいと思います。

添え状・お礼状 例文集 > 添え状・お礼状の正しい書き方

関連リンク
自己PRの書き方・例文
おすすめ転職サイトの人気比較
人材紹介会社(転職エージェント)の評判・比較





お問い合わせはこちらから
Copyright © 2001‐2015 After Season All Rights Reserved
面接回答例(自己PR例文等)