内定辞退の手紙の例文を比較

平成○年○月○日

○○病院
○○様

○○大学
○○○○

拝啓
 晩秋の寒さが身にしみる頃となりました。貴院いよいよご発展のことと存じます。
 先日は採用内定のご通知をいただきましてありがとうございます。心よりお礼申し上げます。
 実は大変申し訳ないのですが、この度の就職につきまして、一身上の都合のため、心のならずもお断りしなければならないことになりました。本当に勝手なお願いでご迷惑をおかけ致しますが、お許しを願いたいと思います。申し訳ございません。参上しましてお願い申し上げなければ申し訳ないと思いますが、取り急ぎお断りを申し上げさせて頂きます。
 貴院のご繁栄と皆々様のご自愛をお祈り申しあげます。

敬具

内定辞退の手紙 例文2

平成 年 月 日

○○○○株式会社
   人事部 ○○様

○○大学○学部○学科
四年生 zikiru

拝啓 新緑の候、貴社におかれましては、ますますご発展のことと存じます。
 先日、内定辞退の旨をお電話で伝えさせて頂きました、○○大学○○学部○○学科のZIKIRUと申します。
 御社の選考をすすめていくうちに、特に人事の○○さんには本当に親切にして頂き、内定をお断りする決断に至るまでに、将来のこと、自分のしたいことなど、納得できるまで悩み続けました。結果、御社を辞退するに至りましたが、この決断を将来後悔することがないように、○○さんにも「あの時採用しなくてよかった」と思われることのないように、日々努めていきたいと思っております。
 今後は異なる企業ですが、同じ○○業界です。この業界が一層活気づくように、良い意味で御社とも競い合えることを願っております。お忙しい中お時間をとっていただきありがとうございました。
 末筆ながら貴社のご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。

敬具

内定辞退の手紙 例文3

平成16年6月21日

◎◎信用金庫
 人事部人事課 採用担当者様

○○大学 ○○学部 ○○学部
氏名

拝啓 梅雨の候、貴庫におかれましては、ますますご発展のことと存じます。 先日、内定辞退の旨をお電話で伝えさせて頂きました、○○大学 ○○学部 ○○学部 氏名と申します。
 貴庫の選考をすすめていくうちに、採用担当の皆様には本当に親切にしていただき、内定のお断りをする決断に至るまでに、将来のこと、自分のしたいことなど、納得できるまで悩み続けました。結果、貴庫を辞退するに至りましたが、この決断を将来後悔することないように、日々努めていきたいと思っております。
 採用担当の皆様、同時に選考を受けられていた学生のみなさんにご迷惑おかけすることを分かっていながらこのような行動をしてしまった自分を情けなく思っております。こんな私にも最後まで親身になって対応してくださった採用担当の皆様には言葉に表せないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。お忙しい中お時間をとっていただき、ご迷惑もおかけしましたが、どうもありがとうございました。
 末筆ながら貴庫のご発展と社員皆様のご多幸をお祈りいたします。

敬具

添え状・お礼状 例文集 > 内定辞退の手紙を比較

関連リンク
自己PRの書き方・例文
おすすめ転職サイトの人気比較
人材紹介会社(転職エージェント)の評判・比較





お問い合わせはこちらから
Copyright © 2001‐2015 After Season All Rights Reserved
面接回答例(自己PR例文等)